親知らず

親知らずが痛んだり、顎関節が鳴ったりすることはありませんか?当院ではそのような症状の治療も行っています。また、歯や顎だけに限らず、舌や唇などのトラブルにも対応しており、主に外科的処置を中心に診療を行っています。

親知らずとは

親知らずとは、合計28本の永久歯のさらに奥に生えてくる歯のことです。通常20歳前後で生えてきますが、現代人の顎ではスペースが足りない場合が多く、一生生えてこなかったり傾いて生えてきたりすることもあります。

親知らずの悪影響

親知らずは、斜めに生えてきたり先端だけ顔を出したりするケースが多く、そのままの状態が続くと隣の歯を圧迫して痛みを発生させたり歯並びを乱したり、汚れが溜まりやすくなることから炎症を引き起こしたりします。一時的症状が治まることもありますが、必ず再発し何度も痛みを繰り返します。このような場合は、抜歯が必要になります。

抜歯後の注意事項

  • 抜歯当日は出血しやすいので、長時間の入浴・飲酒・激しい運動など体が温まる行為は控えてください。
  • 麻酔の影響で抜歯後1~2時間は唇や舌に感覚がないので、飲食はしばらくしないほうがいいでしょう。
  • 抜歯後を舌で触ったり、頻繁にうがいをしたりしていると傷の治りが遅くなるためご注意ください。

顎関節症について

顎関節症とは

音が鳴る あまり口が大きく開かない

顎関節症とは、顎の関節の周辺に何らかの異常があり、「顎が痛い」「音が鳴る」「あまり口が大きく開かない」といった症状が慢性的に続く疾患の総称です。

具体的な症状

  • 顎関節周辺の雑音(カクカク、ザラザラなど)
  • 顎関節周辺の痛み
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 耳鳴り
  • 開口障害
  • 虫歯や歯周病などがないのに歯がしみる
  • 歯ぎしりなどで頬にこわばりがある(特に起床時)

顎関節症の治療法

まず、顎関節症かどうかを触診やレントゲンなどで検査をします。検査の結果、顎関節症と診断されれば、咬合器を使用し顎の正しい位置を決定します。その後、顎関節症の原因が筋肉であれば咬み合わせを誘導していくように咬合調整。また、歯ぎしりなどの癖があれば、夜間ナイトガード(スプリント)の装着をしていただきます。さらに、顎関節・関節円盤自体が原因であれば、スプリントを長期装着し関節円盤の位置が確定した時点で咬合調節をします。

お問い合わせ・ご予約

048-446-2243

  • アクセス・地図
  • ご予約・ご相談・お問合せ

【平日】9:30~13:00 / 15:00~19:30
【土曜】9:30~13:00 / 14:30~18:00
【日曜】9:30~13:00 / 14:00~17:00
休診日:祝祭日のみ

〒335-0011 埼玉県戸田市下戸田2-25-9 戸田ハイツ1F

JR京浜東北線「蕨駅」よりバス下笹目行(蕨54)「上戸田稲荷」下車
JR埼京線「戸田駅」よりバス蕨駅西口行(蕨54)「上戸田稲荷」下車

診療時間土曜午後 14:30~18:00日曜午後 14:00~17:00

戸田市周辺地図・蕨駅・戸田駅からの交通アクセス