歯が痛い…歯の痛みの原因は虫歯かも?

歯の痛みの主な原因「虫歯」は早めの治療が肝心

多くの方が歯科医院を訪れる一番の理由でしょう。では、なぜ歯が痛くなるのでしょうか?その原因のほとんどが「虫歯」です。

虫歯のメカニズム

虫歯のメカニズム

虫歯の原因は歯面に定着する歯垢内の「ミュータンス菌」という細菌の存在です。ミュータンス菌は食べ物に含まれる糖分を栄養として酸を作ります。この酸が、歯のエナメル質を溶かして穴をあけます。これが「虫歯」です。

しかしながら、ミュータンス菌と糖分だけが虫歯の原因になるわけではありません。

  • 歯質の悪化・・・酸に弱く、溶かされやすくなります
  • 過剰な糖分摂取・・・ミュータンス菌の働きを活性化させます
  • 食後からブラッシングまでの時間が長い・・・ミュータンス菌の働きを活性化させます

これらの条件が重なることで虫歯が進行してしまうのです。

虫歯の進行段階と症状・その治療法

虫歯の進行度合いによって、治療法は異なります。

虫歯が神経まで達していない場合、歯を削って詰め物をすれば済みます。しかし、神経まで達していれば神経を取って、さらに被せ物を入れる必要があります。また、痛みがいったん消えても炎症は歯の歯根部に起きていることになり「歯の根っこ」の治療をしなければなりません。

C0【ごく初期の虫歯】

C0

歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。

適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1【エナメル質の虫歯】

C1

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。

虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2【象牙質の虫歯】

C2

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。

虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3【神経まで達した虫歯】

C3

神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4 【歯根まで達した虫歯】

C4

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。

多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、インプラント入れ歯などで失った歯の機能の回復を図ります。
親知らずの移植も可能な場合があります。

重度の虫歯治療…根管治療

根管治療

根管治療とは、歯の神経が虫歯菌に冒され歯根部周辺にも感染が起きているときに行う治療のことです。特別な器具を用いて神経が入っていた管(根管)から感染した神経などを除去して洗浄・消毒し、そこに薬剤を詰めます。最後にその上から被せ物をして治療完了です。

当院のドクターはアメリカの歯内療法専門医のセミナー等で研鑽を積み、正確で丁寧な根管治療を行っております。出来るだけ削らず、切削量を最小限にして、歯を少しでも残せるような診療方針を取っております。

歯は一生ものです。しかし、根管治療を受けずに放置しておくと、抜歯せざるを得ない状態になることがあります。そうならないためにも、歯科医院で根管治療を受けることが重要です。根管治療は、歯を残すための唯一の治療法と言えるでしょう。重度の虫歯でお困りの方は、早めにご来院ください。虫歯にならないようにしっかり予防しましょう。

お問い合わせ・ご予約

048-446-2243

  • アクセス・地図
  • ご予約・ご相談・お問合せ

【平日】9:30~13:00 / 15:00~19:30
【土曜】9:30~13:00 / 14:30~18:00
【日曜】9:30~13:00 / 14:00~17:00
休診日:祝祭日のみ

〒335-0011 埼玉県戸田市下戸田2-25-9 戸田ハイツ1F

JR京浜東北線「蕨駅」よりバス下笹目行(蕨54)「上戸田稲荷」下車
JR埼京線「戸田駅」よりバス蕨駅西口行(蕨54)「上戸田稲荷」下車

診療時間土曜午後 14:30~18:00日曜午後 14:00~17:00

戸田市周辺地図・蕨駅・戸田駅からの交通アクセス